10万給付報道に飽きたから内容の無い殴り書き

田舎住まいなので

私と妻は田舎育ち。

どれだけ田舎かと言うと、

カブトムシ

こんなお友達が顔面に飛んで来たり

クワガタ

こんなお友達に指を挟まれたりが日常です。

彼らと再会するのは、暑くなってからでしょうか。

今年の天候を考えると、ちゃんと出て来てくれるか心配です。

彼らの餌場に繋がる通路の草刈りをしておかなければ。

暑がりな彼らの前に再会出来そうなのは、

数年前の写真

蛍です。

蛍ですよ。幼虫ですけど。

彼らもちゃんとお尻が光りますよ、こんな感じで。

・・・・・・

ね?

成虫と会えるのも楽しみです。

光のショーよりも早そうなのは、彼らの巣立ちでしょうか。

真ん中の茶色い部分

(恐らく)日本ミツバチの分蜂です。

先行偵察の蜂が巣を作る為に適した場所を見つけるまで、待機中。

この中に手を入れると、ゾワゾワします。

そして、生温かい。

日本ミツバチはその熱を最大に生かして、天敵のオオスズメバチらを撃退します。

自らも焼かれながら。。

養蜂を趣味にしている方は、待ち望んでいる事でしょうね。

と言う訳で、田舎暮らしの寂しい楽しみでした。

こんな記事が書けるぐらい、妻も私も家族も元気です。

心の声

・蛍の軌跡を撮影した画像が全然見つからない。

・カブトムシの足に付いているかぎ爪は痛いから嫌い。

・西洋ミツバチが入っている箱の上でジャンプして大群に襲われた経験あり。

投稿者:

ハンチントン病の介護者

ハンチントン病を発症した妻との約束、【そばに居たい】と言う言葉を胸に約15年の自宅介護を継続中。いわゆる介護鬱にならない様に、心に5段階のスイッチを用意しています。最高?最低?の時は4つ目までスイッチが入った事があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください