バイタルサインの記録

新型コロナの件もあり

相変わらず世間の話題の中心にある新型コロナ。

外出自粛や三密など色々と取り上げられていますが、その中に体調管理と記録があります。

日々の体温を始めとしたいわゆる『 バイタルサイン 』を記録して、体調変化の兆候を見つけたり感染してしまった際の経過報告に活用しようと言う物です。

一般家庭には、体温計はあっても持病が無ければなかなか血圧計や血液中の酸素量を計測するパルスオキシメーターは準備していないと思います。

幸い?妻の介護を行う上で必要な物なので以前から使用している物がありますが、妻の介護が無ければ私も買っていない自信があります。

仮に体温だけでも記録しようと思っても、使い易い記録簿が無いと長続きしないと思います。

同じ手間なら

以前は、お薬手帳とセットでメモ帳タイプの記録簿を使用していました。

しかし、嵩張る上に見直しが大変でした。

そこで、お薬手帳と併せてバイタルの記録もアプリで管理する事にしました。

色々試してみて

私の記録はiPhoneの【 ヘルスケア 】を使用しています。

Apple Watchがもう少し安ければ日中を含めて一日の活動量が記録出来るのですが、朝一に計測している体温、脈拍、血圧、血中酸素濃度(SpO2)を手入力で記録しています。

問題は、妻の記録です。

なかなか使い勝手の良い物が見つからず、今年に入ってからも10数個のアプリを使ってみました。

その中で、【 超じぶん管理「リズムケア」Android版 / ‎App Store版 】がとても使いやすかったです。

基本項目だけでも日常の記録には問題なく、記録をした項目は累積のグラフも作成されるので、病院を受診する際にも使い易いです。

寝たきりの妻には不必要な項目もありましたが、一覧から簡単に非表示する事が出来たので、とても見やすくなりました。

また、上の写真にあるSpO2の項目はありませんでしたので、自分で追加しました。

使い勝手は人それぞれだと思いますが、私はとても気に入っています。

今、時間を見つけては過去に使っていたアプリからこのアプリに移しています。

手作業で。

作っている人がバラバラなので、汎用機能が無いのが弱点。

心の声

・妻の不随意運動と格闘しながらバイタルを取った後に自分の測定をするととても先生に見せられない数値を叩き出してしまう。

・不随意運動が起きている時に測定をするコツがあれば教えて欲しい。

投稿者:

ハンチントン病の介護者

ハンチントン病を発症した妻との約束、【そばに居たい】と言う言葉を胸に約15年の自宅介護を継続中。いわゆる介護鬱にならない様に、心に5段階のスイッチを用意しています。最高?最低?の時は4つ目までスイッチが入った事があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください