妻とご近所をお散歩

予約されたデート

以前の投稿させて頂いた【 かかとの水疱 】の頃に、この水疱が治ったら散歩に行く約束をしていました。

月始めの外来受診の時も問題なく往来が出来たので、快晴で心地よい風が吹いていた日曜日に近所のお散歩デートをして来ました。

予定は未定

自宅を出発して、全行程約1.5kmを1時間掛けてゆっくりと歩いて来ました。

自宅周辺では草や虫を起こす野焼きと溝掘りが終わり、所々の田んぼでは田んぼに水を引き入れる前に行う田起こしが始まっていました。

散歩に使っている農道は土を耕す耕運機や田植え機が使用する道なので、道が泥で汚れる前に散歩が出来て良かったです。

風は冷たいけど日差しは暖かい

農道を抜けて幹線道路に出て、自動車学校の生徒さんにも人気のソフトクリーム屋さんに寄って来ました。

写真はいいから早くという顔

ソフトクリームにストロベリーソースをトッピング。そして、妻も食べれる様にコーンフレークは抜いて貰いました。

全体の1/3は食べてくれたでしょうか。特にむせる事も無く、ゆっくりと2人で食べる事が出来ました。

私的には完全に冷え切った身体を温める為に来た道ではなく、少し遠回りをして時間を掛けて帰りました。

キョロキョロ

自宅に帰り、芝生の所で暫く日向ぼっこをしました。

おじさん。目が怖いっす。

鳥の鳴き声や飛行機雲を見ながらボーーーーッとしていたら20分ぐらい過ぎていました。

妻はどうだったか分かりませんが、とても良い気分転換が出来ました。

最後に、自宅を出発する際に「あっ散歩?勿論、連れて行くよね??」と訴えていたカール君にソフトクリームが美味しかった事を報告して家に入りました。

何かを狙ってる

妻の口周りから良い匂いがするのか、何時も以上に顔を近づけたり、少しだけ雫が飛んだ妻の足を舐め回していました。

引っ張り癖があるので、残念ながら現在の妻とは一緒に散歩が出来ません。

アフターケア

ベットに戻って落ち着いた後、日ごろは直射日光に当たる機会が少ない妻の顔に乳液を塗って今回の散歩は終了しました。

また、時間を見つけては違うルートを散歩したいと思います。

心の声

・この時期でも帽子は要るね。

・外犬のカール君が触れたブランケットはそのまま洗濯機行き。

投稿者:

ハンチントン病の介護者

ハンチントン病を発症した妻との約束、【そばに居たい】と言う言葉を胸に約15年の自宅介護を継続中。いわゆる介護鬱にならない様に、心に5段階のスイッチを用意しています。最高?最低?の時は4つ目までスイッチが入った事があります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください