かかとの水疱

久々に

年末の妻は、短期間の入退院や通院などで普通の月より車いす&車で移動する事が多かったです。

そのせいかどうか分かりませんが、踵に水疱が出来てしまいました。

最初に気が付いたのは、大学病院から退院して来た当日の夕方でした。

この時は、水疱は出来ておらず踵の皮が少しだけ赤くなっている程度でした。

この時は、クッションで踵を少しだけ浮かしておく処置ぐらいだったのですが、年末に発熱が頻発し出した頃には立派な水疱が出来上がっていました。

訪問看護さんにも処置をして頂いていたのですが、発熱で外来受診もあったので医師に診察と処置をお願いしました。

水疱の水を抜いて貰い、綺麗に早く治すためにディオアクティブを貼って頂きました。

年始はこれを貼りっ放しにして置き、1月3日に来て頂いた訪問看護さんに外来で頂いていた残りのシートで貼り直しをして頂きました。

それで一度は治って来ていたのですがなかなか完治せず、1月15日の往診でも貼り替えをお願いしました。

どうやら、皮膚が完全に出来上がる前に不随意運動でモゾモゾしてしまうので、新しい皮膚の上に水疱が雪だるまの様に出来てしまっているらしい。

褥瘡と言うよりかは、靴ズレに近いそうです。

残念ながら、しっかりとした皮膚が出来るまではクッションで踵を浮かしておく事と外出を控える日々が続きそうです。

当分、お散歩はお休みですね。残念。

まあ、巷ではインフルエンザも流行していて、ご近所さんでも寝込んでおられる方が居る様なので仕方がないですね。

心の声

・嫁っちとの散歩が出来ないとDQウォークのレベルが上がらない。

・この間に、車いすのチューブ交換をしておこうかな。

投稿者:

ハンチントン病の介護者

ハンチントン病を発症した妻との約束、【そばに居たい】と言う言葉を胸に約15年の自宅介護を継続中。いわゆる介護鬱にならない様に、心に5段階のスイッチを用意しています。最高?最低?の時は4つ目までスイッチが入った事があります。

“かかとの水疱” への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください